【作品の概要】
 この作品は、2007年に公開されたアメリカの映画で、原因不明のスペースシャトルの墜落事故をきっかけにして、世界中で未知のウィルスの感染が広がる中、この問題の解決に向けて、鍵を握る息子の行方を捜す精神科医の奮闘を描いたSFスリラーです。







【あらすじ】
 ある日、スペースシャトルが原因不明のまま爆発・墜落するという衝撃的な事故が発生する。

 この際、機内にあった有害物質が飛散し、これに注意を促すニュースが報じられたが、この時、すでに地上では飛散した機体の破片などに触れる人たちがいた。

 ワシントンの病院で精神科医として働くキャロル・ベネル(ニコール・キッドマン)の元夫であるタッカー(ジェレミー・ノーサム)は、事故調査のチームの一員として、急きょ、爆発事故の現場へと派遣されることになる。

 しかし、調査から家に戻る途中、ひとりの少女から機体の破片を受け取った彼には、不思議な現象が起こり始める。

 一方、ワシントンで働くキャロルの下には、周囲で奇妙な出来事が起こり始めたと語るひとりの女性患者が現れていた。

 彼女によれば、ある日を境に夫が別人のように豹変し、これに気づいて警戒した飼い犬を殺し、ごみのように捨ててしまったというのである。

 とりあえず、キャロルは、薬を処方して、この患者を帰宅させるが、その後、彼女の周囲では、突然のインフルエンザによる死者の激増や世界中で戦争が勃発し始めたことを告げるニュースが報じられたり、異様な出来事が起こり始める。

 そして、この翌日、病院に出勤した彼女が、路上で倒れ痙攣している人を目撃した直後、突如としてキャロルの下を訪れたタッカーが、彼らのひとり息子であるオリバー(ジャクソン・ボンド)と面会したいと申し出る…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★インベージョン・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】
★吹替え動画★【vidia】
★吹替え動画★【mixdrop】

※動画の再生ボタンを押すと広告表示が画面いっぱいに表示される場合、広告表示右端にある小さな「×」をクリックして広告を消去してから、再度再生ボタンをクリックすると、動画の再生が始まります。