【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、1年に1度12時間だけすべての犯罪が合法化されたアメリカを舞台にして、この法律の是非をめぐり世論が二分し、対立する中、反パージ法の成立を掲げて大統領選に立候補したひとりの上院議員が、パージの標的にされ、悪夢の12時間を過ごす様子を描いたバイオレンス・スリラーです。







【あらすじ】
 近未来、アメリカ政府は、犯罪抑制の目的で、1年に1度12時間だけ、警察を始めとした政府の治安組織をすべて停止し、殺人をも含むすべての犯罪を合法化する法律(パージ法)を定めた。

 この結果、パージ施行時以外の犯罪は激減し、アメリカ全土の犯罪発生率はパージ法施行以前の100分の1まで減少していた。

 このことから、アメリカの世論は、このパージを必要悪として容認する者が一定数存在する一方で、パージ施行時のアメリカは、全土にわたって弱肉強食を強いる過酷な環境と化すことから、パージ法は、弱者や貧困者を一方的に排除する非情な法律であり、廃止する必要があるとの訴えに同調する世論が台頭してきていた。

 そんな中、パージ法の廃止を訴え、大統領選へと立候補したチャーリー・ローン上院議員(エリザベス・ミッチェル)は、パージ法の存続を訴えるエドウィッジ・オーウェンズ牧師(カイル・セコー)の陣営と激しく対立することになる。

 そして、世論が大きく分断して激しく対立する中、アメリカ市民は、この年のパージの夜を迎えることになる。

 ところが、チャーリー上院議員と彼女の護衛の任務を受けたSPのレオ(フランク・グリロ)は、パージ法の賛成派の者たちによってワナに嵌められてしまい、暴力に満ちた夜のワシントンの路上へと放り出されてしまうことに…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★パージ:大統領令・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】
★吹替え動画★【vidoza】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!