【作品の概要】
 この作品は、2010年に公開されたスウェーデンとデンマークの合作映画で、デンマークとアフリカの難民キャンプを舞台にして、理不尽な暴力を前にして、善と悪、愛と憎悪の中で揺れ動く2組の家族の姿を描いた人間ドラマです。







【あらすじ】
 デンマークで家族と暮らしていた医師のアントン(ミカエル・パーシュブラント)。そんな彼は現在、アフリカの地にある難民キャンプに単身赴任をし、現地の人々の治療を行っている。

 一方、デンマークで、同じく医師として働いている母親のマリアン(トリーネ・ディアホルム)と幼い弟と暮らす長男のエリアス(マークス・リーゴード)は、毎日、学校で執拗ないじめを受けていた。

 そんなある日、エリアスのクラスに母親の葬式を終えたばかりの少年クリスチャン(ヴィリアム・ユンク・ニールセン)が転校してくる。

 そして、この日の放課後、いつものようにエリアスがいじめっ子たちに絡まれていると、その場に居合わせたクリスチャンも巻き添えになってしまう。

 すると、翌日、クリスチャンはイジメた生徒のリーダーを殴り倒して復讐をし、ケガを負わせてしまう。

 これが発覚し、学校に呼び出されたクリスチャンの父、クラウス(ウルリッヒ・トムセン)は、クリスチャンに対し、報復は終わりのない連鎖をもたらすと彼を諭した。しかし、クリスチャンは、やられたらやり返すことが絶対に必要だとクラウスに反論をした。

 その後、アフリカから帰国したアントンは、エリアスと弟、そしてクリスチャンを連れて外出した。

 すると、エリアスとクリスチャンは、弟が公園でケンカになった際、これに割って入ったアントンが相手の父親に殴られる姿を目の当たりにする。

 しかし、これに反撃せず、警察にも届けなかったアントンがエリアスたちに復讐の愚かさを説いたが、エリアスはこれに納得したものの、クリスチャンはどうしても腑に落ちなかった。

 その後、クリスチャンがアントンを殴った相手の父親の職場や住所を突き止める。そして、彼は、亡き祖父の花火の火薬で爆弾を作り、復讐をすることが考え、エリアスを強引に計画に引き込んだ。

 ところが、この計画の最中、爆弾を仕掛けた自動車にジョギングをしていた親子が近づいたことで、事態は彼らが予想もしない方向へと発展することに…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★未来を生きる君たちへ・動画【daily①】【②】★

★吹替え動画★【verystream】
★吹替え動画★【onlystream】
★吹替え動画★【clipwatch】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!