【作品の概要】
 この作品は、2019年に公開されたアメリカの映画で、大きな耳で空を飛ぶ象の子供の活躍を描いた1941年公開のディズニーアニメを「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が実写化したファンタジー・ドラマです。



dumbo.jpg




【あらすじ】
 1919年のある日、かつて一流のサーカス一座として各国で名を馳せたメディチ・ブラザーズ・サーカスは、第一世界大戦での人々の疲弊やインフルエンザの流行などで人々が思うように集まらなくなり、一座の経営も芳しくなかった。

 そんな中、団長のマックス・メディチ(ダニー・デヴィート)は、一座の立て直しを図り、サーカスで人気のアジアゾウを購入するが、この象から生まれた小象は、その体に比べ、非常に大きな耳を持っていた。

 この小象は「ダンボ」と名付けられ、度々サーカスのショーにも参加するが、その大きすぎる耳のため、観客から笑いもののされていた。

 かつて、一座のスターとして活躍していたホルト(コリン・ファレル)は、戦争でケガを負ってしまったことから、象の世話係兼調教師となる。

 そんなホルトの娘のミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンス)は、ダンボと遊んであげていたが、ある日、ふたりはダンボが大きな耳を使って空を飛ぶことができることを発見する。

 そこで、団長のマックスは、ショーの中でダンボの空を飛ぶ芸を披露すると、たちまち空飛ぶ小象の噂は、周辺諸国まで広がっていった。

 空飛ぶ小象は、新聞にも取り上げられ、マックス一団には、大勢の観客が押し寄せ、一団の経営は回復するかに見えた。

 しかし、この噂を聞きつけた興行師のヴァンデヴァー(マイケル・キートン)がダンボに目を付けたことで、彼らの運命は大きな変動を迎えることに…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★ダンボ・動画【fmovies】★

★字幕付動画★【vstream】
★字幕付動画★【clipwatch】
★吹替え動画★【vstream】
★吹替え動画★【clipwatch】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!