【作品の概要】
 この作品は、2011年に公開されたアメリカの映画で、通常は20%程度しか使用されていないという人間の脳をMAXまで活性化させる薬を手に入れたある男性が、経済的成功を収める中で、大きな陰謀に巻き込まれていく様子を描いたサスペンス・アクションです。







【あらすじ】
 ニューヨークで暮らす作家のエディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)は、新たな作品の出版契約を結んだものの、スランプに陥り、酒におぼれ、自堕落な生活を送っていた。

 彼と交際をしているリンディ(アビー・コーニッシュ)は、そんな彼の自堕落な生活を見て呆れ果て、ある日、別れを告げて彼の下を去っていった。

 ところが、そんなある日、彼の別れた妻メリッサ(アンナ・フリエル)の弟、ヴァーノン(ジョニー・ホイットワース)と、偶然、町で再会する。

 そして、自ら製薬会社のコンサルタントを名乗っていたヴァーノンは、エディの現状を知ると、開発に成功したばかりだという「NZT-48」をエディに差し出した。

 ヴァーノンの話では、この薬は、通常20%程度しか使用することができない人間の脳を100%まで活性化することができるということであった。

 そこで、エディは、藁にもすがる思いで、ヴァーノンに手渡された薬を飲んだ。すると、エディの脳はこれまで記憶の片隅に埋もれていた全情報を掘り起こすことができるようになり、これまで一行も進まなかったスランプが嘘であったかのように、彼は一編の小説を一晩で書き上げた。

 その後、ヴァーノンの家を訪ねたエディは、何者かに顔を殴られ外出できないというヴァーノンに依頼され、彼の代わりに用事を済ませた。

 ところが、エディが再びヴァーノンの家に戻ると、彼の家は荒らされ、ヴァーノンは何者かによって殺されていた…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★リミットレス・動画【fmovies】★

★字幕付動画★【nico】
★吹替え動画★【miomio】
★吹替え動画★【miomio】


※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!