【作品の概要】
 この作品は、2009年に公開されたアメリカの映画で、時空を超える能力を持つひとりの男性と彼と運命の恋に落ちた女性が、必死に悲しい運命に抗う姿を描いたラブストーリーです。







【あらすじ】
 遺伝子の突然の変異によって、時空を旅する能力を持つヘンリー(エリック・バナ)は、幼いころから、自らの持つ能力に振り回されていた。彼は、突如として始まり、過去・未来のどこに進むのか分からず、いつ戻ることができるのかわからないタイムトラベルの能力に悩まされていたのだ。

 ヘンリーは、そんな自分の能力を誰に話すこともできないまま孤独な生活を送っていたが、そんな自分の能力に嫌気がさしていたある日、彼は、クレアという女性(レイチェル・マクアダムス)に出会う。しかも、クレアはヘンリーの特殊な能力を知っていたのだ。

 彼女の話では、ヘンリーは、度々、タイムトラベルをして、彼女の下を訪れていたということであった。

 誰にも話すことのできなかった自らの能力を理解してくれる人を見つけたヘンリーは、クレアに惹かれていき、急速に距離を縮めた二人は、やがて結婚をすることになる。

 そして、結婚をしたクレアは、やがてヘンリーの子を身ごもるが、やがて流産をしてしまった。その後も同様のことが起こったが、紆余曲折を経て、何とかクレアは女の子を無事に出産することができた。

 その後、クレアと子供と一緒に幸せに暮らしていたヘンリーであったが、ある日、彼は不思議な現象に気づいてしまう。それは、未来に行った彼は、未来のクレアと子供には会うことはできるのだが、そこには未来の自分の姿はなかったのだ。

 そんなある日、ヘンリーの下に、未来の娘がタイムスリップをして来た。彼女もまた、ヘンリーの遺伝子を受け継いでいたのだ。

 ところが、そんな彼女の言葉から、ヘンリーは驚きの事実を知らされることになる。それは、彼女が5歳の時にヘンリーは死んでしまうという衝撃的な事実であった…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★きみがぼくを見つけた日・動画【fmovies】★

★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【clipwatch】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。



U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!