【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、カリフォルニアで営まれていた小さなファーストフード店を世界一のファーストフードチェーン店に育て上げたひとりの男性の実話を映画化した人間ドラマです。







【あらすじ】
 1954年、アメリカでシェイク・ミキサーのセールスマンとして働いていたレイ・クロック(マイケル・キートン)。

 そんな彼は、52歳になったある日、とあるドライブ・イン・レストランから一度に8台もの注文が入り、喜び勇んでカリフォルニア州南部のファースト・フード店に向かった。

 すると、そこはマック(ジョン・キャロル・リンチ)とディック(ニック・オファーマン)の兄弟が経営するハンバーガーショップで、ふたりの名前にちなみ「マクドナルド」と名付けられていた。

 そして、店を訪れたレイは、さらに衝撃を受ける。彼らの店は、非常に合理的な流れ作業によって、当時のドライブスルーが、かなりの待ち時間を要した中、次々と訪れた客に商品を提供していたのだ。

 それだけではなく、ふたりの店では、コスト管理や品質に関するウ意識も他の店とは一線を画していた。

 「このモデルは必ず成功する。」と直感的に感じたレイは、兄弟を説得し、この「マクドナルド」の全米展開を提案し、説得をした。

 その後、アメリカ中部にあるイリノイ州で第1号店を出店したレイは、当初、うまくいかないながらも、試行錯誤を重ね、しだいにマクドナルドは全米各地へと広がっていった。

 ところが、当初、レイが感動した兄弟の経営コンセプトは、店舗が拡大するにしたがって、彼を資金難に追い込んでいった。

 そこで、彼は、「裏切り者」の汚名を受けることを承知でひとつの決断をすることに…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ・動画【fmovies】★

★字幕つき動画★【nico】




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!