【作品の概要】
 この作品は、2017年に公開されたアメリカの映画です。前作の「ブレードランナー」から30年後の近未来を舞台にして、「レプリカント」と呼ばれる人造人間を取り締まるブレードランナーを務める主人公が、レプリカントをめぐる大きな陰謀へと巻き込まれていく姿を描いたSFドラマです。





【あらすじ】
 2049年、地球の汚染と荒廃は進み、アメリカ西海岸に住む人々の間には、貧困と病気が蔓延していた。

 この時、減少した人類の労働力を補うべく、レプリカントと呼ばれる人造人間が製造され、人間社会の中で、微妙な緊張関係の中で共存をしていた。

 そんな中、人類への反乱を計画し、処分が決定された旧世代のレプリカントは、その存在自体が違法とされ、ブレードランナーと呼ばれる捜査官が取り締まりを行っていた。

 ある日、ロサンゼルス市警に所属するブレードランナーのK(ライアン・ゴズリング)は、人類に紛れ、ロサンゼルス郊外で農場を営んでいた旧世代のレプリカントのサッパー・モートン(デイヴ・バウティスタ)を発見し、殺害した。

 すると、その後Kは、サッパーの自宅の庭にあった枯れ木の根元から、ひとつの箱を発見する。

 中には人間と思われる遺骨が入っていたが、この遺骨の検死を行った結果、死因は、帝王切開による合併症であったことが明らかになる。

 ところが、この遺骨には製造番号が刻まれていたことから、レプリカントであったことが判明する。人造人間であるレプリカントの出産例は、いままで一度も報告されておらず、彼らが自然出産すら可能になったとすると、人類への脅威は飛躍的に高まることになる。

 これが世間に知れ渡れば、社会に混乱を来すと考えた上司であるジョシ(ロビン・ライト)は、Kに対し、この事件の痕跡を抹消することを命じた。

 そこで、レプリカントを製造するウォレス社を訪れたKは、過去の記録の洗い出しを始める。

 ところが、この捜査が進むにつれ、Kは、彼の人生が大きく狂わされるほどの衝撃的な事実を目の当たりにすることに…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!



★ブレードランナー 2049・動画【bmovies】★
★ブレードランナー 2049・動画【123movie】★
 
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。





U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!