【作品の概要】
 この作品は、2012年に公開されたアメリカの映画で、1979年にイランの首都テヘランで発生したアメリカ大使館人質事件発生に際し、アメリカCIAが極秘で行った人質救出作戦を立案・実行するまでの様子を描いたサスペンス・ドラマです。





【あらすじ】
 1979年2月に発生したイラン革命により、アメリカへと逃亡した前国王の亡命を認めたことに対し、アメリカに対して反感を抱くようになったテヘラン市民は、1979年11月4日、アメリカ大使館前でデモを繰り返していた。

 ところが、この日、デモ行進の途中で暴徒化した民衆が、大使館の警備を突破し、大挙して中に押し寄せ、職員52名を人質にして大使館を占拠した。

 その後、大使館を占拠した民衆たちは、がん治療名目でアメリカに滞在する前国王の引き渡しをアメリカ政府に要求する。

 その一方で、民衆が大使館を占拠する直前、秘密の通路を抜けて、大使館から逃げた6名の職員たちがいた。

 彼らは、その後、カナダ大使の私邸に匿われることになるが、シュレッダーにかけた職員名簿が復元され、逃亡した職員の存在と素性が革命政府に知れると、彼らは公開処刑にされる可能性が高いと思われた。

 そんな中、6名の職員に関する情報を入手したアメリカ国務省は、急きょ、CIA職員も招いたうえで、この6名の救出作戦を練り始めた。

 しかし、人質救出に関する素人である国務省職員たちのアイデアは、どれも突飛なものが多く、とれも現実的に6名の職員を救出できるものではなかった。

 そんな中、この会議に参加したCIAの人質奪還のプロであるトニー・メンデス(ベン・アフレック)が、会議の翌日、息子と話をしているときに、一つのアイデアがひらめくことになる。

 ところが、このアイデアは、イラン国内を撮影場所とした架空の映画企画を打ち立て、大使館職員を映画スタッフに装って民間機で脱出するという奇想天外なものであった。

 けれども、これ以上のアイデアが思い浮かばなかったアメリカ国務省は、トニーのアイデアにゴーサインを出す。

 こうして、トニーたちは、多くの映画関係者を巻き込んで、壮大なでっち上げ映画を企画し、実行していくことに…。

tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!



★アルゴ・動画【fmovies】★
★アルゴ・動画【123movies】★
 
★字幕つき動画★【miomio】
★字幕つき動画★【vidoza】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【streamango】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。





U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!