【作品の概要】
 この作品は、2017年に公開されたアメリカとカナダとの合作映画で、さまざまな理由から、残虐な殺戮ゲームに参加することになった人々と犯人との息を呑む激しい駆け引きを描いた「ソウ」シリーズの第8弾で、前作で一連の殺人事件の犯人で"ジグソウ"と呼ばれた殺人鬼の死から10年が経過したある日、突如として再開された殺人ゲームと、このゲームへの参加を余儀なくされた人々の恐怖を描いたスリラー・ドラマです。


sawlegasi.jpg



【あらすじ】
 とある密室。ここには5人の男女が監禁されており、彼らは目の部分だけくり抜かれた鉄のバケツのようなものを被せられ、体は鎖につながれていた。

 すると、突如、この鎖が壁の反対側に向かって巻き寄せられ、その先には、丸歯の電動ノコギリの鋭い歯が不気味に光りながら激しく回っていた。

  時を同じくして、ハロラン(カラム・キース・レニー)とキース(クレ・ベネットの二人の刑事、そしてローガン(マット・パスモア)とエレノア(ハンナ・エミリー・アンダー)の二人の検視官が、町のあちこちの公園で発見された惨たらしい姿の遺体の状況を検証していた。

 この無残な殺害の方法は、かつて町の人々を恐怖に陥れた連続猟奇殺人鬼"ジグソウ"の犯行手口に非常に似ていたが、彼は10年前に死んだはずであった。

 しかし、解剖した遺体の中に埋め込まれていたUSBメモリを発見し、中の音声データを再生したローガンたちは、スピーカーの奥から流れてきた"このゲームは、4人の罪人の罪が償われるまで終わらない"というジグソウの不気味な声を聞くことになる。

 そして、この声の予言通り、さらなる残虐な事件が彼らの前に大きく立ちはだかることに…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!



★ジグソウ:ソウ・レガシー・動画【sockshare】★
★ジグソウ:ソウ・レガシー・動画【spacemov】★

★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【streamango】
★字幕つき動画★【streamango】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。





U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!