【作品の概要】
 この作品は、2017年に公開されたアメリカの映画で、1968年に公開された大人気SFドラマ猿の惑星のの前日譚を描いた新シリーズ3部作の第3弾です。高度な知能を持った猿たちと絶滅の危機を迎えた人類が地球の支配権をめぐり争いを激化させる中、猿たちを率いるリーダーであるシーザーが、自らが持つ使命と復讐心の中で葛藤を抱えつつ、敵意をむき出しにする人類と対峙する姿を描いたSFドラマです。





【あらすじ】
 15年前、人類がアルツハイマー治療薬開発に向けて研究を行う中、開発されたウィルスは、臨床研究に際し投与された猿たちに飛躍的な知能をもたらした一方、人類にとっては有毒なものとなった。

 やがて、猿インフルエンザと呼ばれるようになったこのウィルスは、人類の間で次々と感染者を増やし、感染をした人類の多くは命を落とすことになる。

 一方、高度な知能を手に入れた猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類との共存をすべく、住み分けを試みていたが、しだいに猿たちに脅威を感じるようになり、敵意をむき出しにする人類たちが出てくるようになる。

 そんなある日、かつて、シーザーと同様に人類から虐待を受けていた仲間のコバ(トビー・ケベル)が、シーザーを裏切り、人類に対し、攻撃を始めることになる。

 人間たちの居住区を制圧したコバは、その後、シーザーの率いるグループと別のグループを組織すると抗争を始めるが、この戦いにはシーザーが勝利する。

 こうして、人類との共存を望むシーザー派と人類を絶滅させて、地球の支配権を掌握しようとするコバ派は、袂を分かつことになる。

 一方、人類の側にも猿に対し好戦的な野心を持つものもおり、やがて、これらの人々を率いる形で大佐(ウディ・ハレルソン)が猿たちを撲滅すべく武装グループを組織することになる。

 こうして、猿と人類とは、平和に共存することを望む者がいる一方で、好戦的な者たちによる攻撃によって、相互に紛争が激化していくことに…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTV・30日間無料視聴はこちら!



★猿の惑星:聖戦記・動画【bmovies】★
★猿の惑星:聖戦記・動画【gostream】★
 
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【streamango】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。