【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、南米コロンビアにある会社に勤めていた会社員たちが、ある日、突然会社に閉じ込められた上で殺し合いを命じられ、困惑する中で、生き残る術を必死に模索する様子を描いたサバイバル・アクションです。





【あらすじ】
 南米大陸の北端に位置するコロンビアの首都ボゴタに本社がある警備会社「ベルコ・インダストリーズ」。

 この会社に勤めるマイク(ジョン・ギャラガー・ジュニア)は、この日、いつもの時間に出社すると、いつも通り、緩い日課をこなし始める。

 彼も含め、この日、オフィスには80名の社員が出社し、いつも通り、業務を始めていた。

 ところが、いつもの通り、緩い日課をこなしていると、突如、オフィス内にアナウンスが流れ、1つの指令が彼らに下される。しかし、それは「仲間を殺せ」という非情な内容のものであった。

 当初、誰もまともに取り合わず、何かの冗談であるととらえていた彼らであったが、この時から電話が通じなくなり、出口はおろか、窓にもすべて鋼鉄製のシャッターが下ろされ、オフィス内に閉じ込められることになる。

 オフィス内の人々が困惑し、部屋の中央に集まりだすと、そのうちのひとりの会社員が、頭が突如爆発し、死亡した。その結果、これまで冗談だと思っていた彼らの空気が一気に変わることになる。

 彼らは、ベルコ・インダストリーズへの入社に際し、治安の悪いコロンビアで働く彼らの安全を守るという理由から、後頭部にGPSチップが埋め込まれていたのだ。

 マイクの上司ノリス(トニー・ゴールドウィン)は、これ以上の死者を出さないために、皆が一丸となることを促した。

 しかし、その後、無差別に頭の中のチップが爆発して死亡する者が増えてくると、生き残るために命令通りに殺し合うしか方法がないと考える者たちと、殺し合いを避けるべきと考える者たちとの2グループに分かれることになる。

 そして、この後も死者が増えていく中、やがて彼らは生き残るための究極の選択を迫られることに…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!



★サラリーマン・バトル・ロワイアル・動画【fmovies】★
★サラリーマン・バトル・ロワイアル・動画【gostream】★
 
★字幕つき動画★【9tsu】
★字幕つき動画★【vidoza】
★字幕つき動画★【openload】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。





U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!