【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、江戸時代の初期に徳川幕府によって行われたキリシタン弾圧をポルトガル人の牧師の視点から描いた遠藤周作の小説をハリウッドが映画化し歴史ドラマです。





【あらすじ】
 江戸時代の日本。幕府による激しいキリシタンの弾圧が行われていた日本で布教活動を行っていた高名な宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が幕府に捕えられ、棄教したとの連絡がポルトガル人宣教師たちの下に入った。

 フェレイラの弟子であるロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とがるぺ(アダム・ドライヴァー)は、この知らせがにわかには信じられず、真相を確かめるべく、日本に行くことを決意した。

 キチジロー(窪塚洋介)の協力の下、中国マカオを経由して日本の長崎に潜入したふたりは、そこで、想像を絶する光景を目の当たりにすることになる。

 地元民の協力もあり、しばらくは、幕府の目を盗んで、長崎の島に潜んで地元民への布教活動を行っていた彼らであったが、裏切者の通報によって、ある日、彼らは捕えられてしまう。

 すると、彼らは、長崎奉行(イッセー尾形)によって、棄教を迫られることになる。ロドリゴが、頑なに彼の信仰を曲げずにいると、奉行は、彼らの前でキリシタンたちを拷問に掛け、処刑していった。

 自分のために目の前で犠牲になる人々が苦しむ姿を目の当たりにし、彼らは、自らの信仰を貫くべきか、それとも棄教して目の前の人たちの命を守るべきかの究極の選択を迫られることに…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTV・30日間無料視聴はこちら!



★沈黙 サイレンス・動画【fmovies】★
★沈黙 サイレンス・動画【gomovies】★

★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】
※リンク先が"We are sorry!"と表示される場合には、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックをして、「シークレットウィンドウで開く」を選択すると動画の再生画面が表示されます。