【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、黒澤明監督の『7人の侍』をリメイクした『荒野の7人』をさらにエンド・オブ・ホワイトハウスで知られるアントワーン・フークア監督がリメイクをした作品です。金目当てに集まった7名のアウトローの面々が、冷酷非道な悪党との戦いを通じて、正義感に目覚めていく様を描いたアクション・ドラマです。





【あらすじ】
 アメリカ中北部にあるミネソタ州の町ローズ・クリーク。この町に住む住人達は、荒れた土地を開拓し、やっと人が暮らせる環境を手に入れることができた。

 ところが、ある日、この町の近郊にある鉱山から金が採掘されると、この町の環境は、大きく変わることになる。冷酷非道な悪党であるバーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)は、ローズ・クリーク近郊の金山を独占するために、町の住民たちを追い出そうと、日々嫌がらせをするようになったのである。

 そんな中、バーソロミューに抵抗しようとした住民は、彼によって見せしめに次々と射殺されることになる。エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)の夫もそのひとりであった。

 夫を殺された彼女は、近郊の町まで出かけ、賞金稼ぎをしていたサム(デンゼル・ワシントン)にバーソロミューの殺害を依頼する。そこで、サムは、訳ありのギャンブラーやスナイパー、流れ者や暗殺者など、即席で集められた賞金稼ぎたち6人を雇うことにする。

 こうして、当初、こずかい稼ぎのために集まった7人の承認稼ぎたちであったが、圧倒的な戦力を持つバーソロミューとの激しい戦いを繰り広げるうちに、彼らの中に徐々に変化が現れることになる…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTV・30日間無料視聴はこちら!



★マグニフィセント・セブン・動画【fmovies】★
★マグニフィセント・セブン・動画【gomovie】★

★字幕つき動画★【openload】
★字幕つき動画★【openload】

※リンク先が"We are sorry!"と表示される場合には、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックをして、「シークレットウィンドウで開く」を選択すると動画の再生画面が表示されます。