【作品の概要】
 この作品は、2007年に公開されたアメリカの映画です。アメリカ犯罪史上、最も危険な連続殺人鬼と言われ、現在、なお逮捕に至っていない"ゾディアック・キラー"を題材としたもので、ゾディアックに関わったことで、人生を狂わせた4人の男たちの姿を描いたサスペンス・スリラーです。


ゾディアック(吹替版)



【あらすじ】
 1969年の7月4日、アメリカ西海岸にあるカリフォルニア州の町ヴァレーホで、若い男女が拳銃で襲われ、女性が死亡するという事件が発生する。この事件を警察に通報した男性は、自分が犯人であると自首をしてきた。

 ところが、それから約1か月経った翌8月1日、とある新聞社に奇妙な手紙が届く。この手紙には、1968年のクリスマスに、カリフォルニアから遠く離れたアメリカ中部のサウスダコタ州にあるハーマン湖で二人を殺害し、翌69年の7月4日にヴァレーホで若い女性を殺害したという内容が書かれており、さらに手紙には、不気味な暗号文と思われる記号も記されていた。

 この手紙が送られてきたサンフランシスコ・クロニクル社の記者であるポール・エイブリー(ロバート・ダウニーJr.)は、この事件の取材に熱中する。一方、彼の同僚である風刺漫画化のロバート・グレイスミス(ジェイク・ギレンホール)は手紙に書かれた暗号の解読に熱意を燃やしていた。

 そんな中、翌9月27日、再び若いカップルが襲われて女性が死亡するという事件が発生し、その翌月11日に再び29歳の男性が射殺されるという事件が発生する。

 こうして、後にゾディアック事件と名付けられた連続殺人事件は、全米の人々を震撼させることになる…。


アマゾン・プライムビデオ

アマゾン・プライムビデオ
30日間無料体験はこちらから!



★ゾディアック・動画【fmovies】★
★ゾディアック・動画【123movies】★

★字幕つき動画★【speedvid】
★字幕つき動画★【streamango】
★字幕つき動画★【openload】

※リンク先が"We are sorry!"や"Sorry!"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックをして、「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。