【作品の概要】
 この作品は、2010年公開されたスウェーデンとデンマークの合作映画で、デンマークとアフリカの難民キャンプを舞台にして、善悪と愛憎に渦巻く世界の中で、葛藤を抱える二組の家族が、その中で希望を見出だすためにもがき苦しむ姿を描いた人間ドラマです。


未来を生きる君たちへ [DVD]



【あらすじ】
 両親が医師をしている少年のエリアス(マークス・リーゴード)は、母親のマリアン(トリーネ・ディアホルム)と幼い弟と3人でデンマークのある町で暮らしていた。

 そんな彼の父親であるアントン(ミカエル・パーシュブラント)は、アフリカにある難民キャンプに赴任し、自宅とアフリカにある難民キャンプを行き来する日々を送っており、なかなかエリアスたちと会うことができなかった。

 母親も医師として忙しく働ている中、ひとりで過ごすことの多かった彼は、おとなしい性格だったこともあり、学校ではいつもイジメを受けていた。

 そんなある日、母親の葬式を終えたばかりのクリスチャン((ヴィリアム・ユンク・ニールセン)がエリアスの学校に転校してきて、彼のクラスに編入が決まることになる。

 この日の放課後、いつものようにエリアスは、イジメに合い、転校初日のクリスチャンも巻き添えでイジメを受けることになる。

 ところが、やられたらやり返すべきとの信念を持つクリスチャンは、その翌日、自分をいじめたクラスメイトに仕返しをし、大けがを負わせる事件が発生する。

 この事件をきっかけにして、エリアスとクリスチャンは友情関係を築き始め、やがて、クリスチャンに感化されるように、イジメられっぱなしだったエリアスも仕返しをするべきと考えるようになっていく。

 そんな二人に対し、アフリカから帰国したアントンは、「報復は憎しみの連鎖を生むだけである」と説得をするものの、自らの信条を頑なに信じるクリスチャンは、彼の言葉に納得をすることはなかった。

 ところが、決して自らの信条を曲げることのなかったクリスチャンであったが、そんなある日、彼の持つ信念が人生最大の葛藤をもたらす事件が発生することに…。


アマゾン・プライムビデオ

アマゾン・プライムビデオ
30日間無料体験はこちらから!



★未来を生きる君たちへ・動画【putlocker】★
★未来を生きる君たちへ・動画【vumoo】★

★吹替え動画★【streamin】
★吹替え動画★【openload】

※リンク先が、"Video embed restricted for this domain"や"We are sorry!"と表示される場合、新たにウィンドウを開いて、ブラウザの検索窓にURLをブラウザの検索窓にコピペしてください。



⇒ 期間限定で合法的に映画・ドラマを無料で見る裏ワザ教えます!