【作品の概要】
 この作品は、2016年に公開されたアメリカの映画で、動画投稿サイトにアップされると1億5000万回という驚異的な再生回数となった、ある短編映像を映画「ソウ」のジェイムズ・ワンたちによって長編映画化された映画です。電気を消すと暗闇の中に姿を現す謎の存在によって、恐怖に落とされるある姉弟の姿を描いたスリラー・ドラマです。







【あらすじ】
 実家を離れ、ひとりで暮らすレベッカ(テリーサ・パーマー))は、ある日、実家で母親のソフィ(マリア・ベロ)と暮らす幼い弟のマーティン(ガブリエル・ベイトマン)から、不思議な話を聞かされることになる。

 それは「電気を消すと"何か"がやってくる」というものであった。

 かつて、レベッカが実家にいたとき、彼女も、その正体不明な何かの存在に恐怖し、これが原因で実家を出ていたのだった。

 しかし、その何かに怯えている弟を助けるために、レベッカは、今度は逃げずにその何かの正体を突き止めようと考え、数日間、実家に戻ることを決める。

 沢山の電気を準備して、覚悟を決めて実家に戻ったレベッカであったが、そんな彼女は、母親のソフィから、彼女が今まで隠していたある恐るべき秘密を打ち明けられることになる。

 この話を聞かされた夜、彼女の周囲にあった電気がひとつ、またひとつと消えていく。この家で、"それ"は暗闇から彼女たちをずっと狙っていたのだ!

 そして、最後の電気が消えた時、彼女たちにとっての恐怖の一夜が幕を開けることになる…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★ライト/オフ・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【jetload】
★吹替え動画★【mixdrop】
★吹替え動画★【upstream】