【作品の概要】
 この作品は、1998年に公開されたアメリカの映画で、殺人と公金横領の容疑をかけられた人質交渉人の男が連邦政府ビルに立て篭もり、真相を究明するためもう一人の人質交渉人と駆け引きを行っていく様子を描いたサスペンスドラマです。







【あらすじ】
 シカゴ警察の東分署でトップクラスの実績を持つ人質交渉人のローマン(サミュエル・L・ジャクソン)。

 そんな彼は、ある日、同僚であるネイサン(ポール・ギルフォイル)から、警察の年金の資金が何者かによって着服されており、その犯行に内務捜査局の誰かが関わっているという噂話を聞かされることになる。

 この数日後、ローマンはネイサンによって呼び出され、待ち合わせの場所に向かったが、そこで彼は、ネイサンの死体が放置されているのを目の当たりにする。

 この現場を警官に目撃されたローマンは、ネイサン殺害の容疑社として身柄を拘束されてしまうことになる。

 ところが、その後、家宅捜索を受けた彼の自宅から警察年金基金の資料がいくつも発見されたことから、ローマンは年金の横領容疑までかけられることになった。

 数日後、ローマンは司法取引の機会が与えられ、たった一日ではあるが釈放されることが決まる。

 すると、この日、ローマンは連邦政府ビルの20階にある内務捜査局に足を運ぶと、その場で局長のニーバウム(ジェイ・ティー・ウォルシュ)らを人質に取り、フロアに立て篭もった。

 そして、ローマンは、部屋を包囲する警官隊に対し、西地区でトップの実績を持つ人質交渉人であるセイビアン(ケヴィン・スペイシー)を交渉役として呼ぶように要求するのだが…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★交渉人・動画【fmovies】★

★字幕つき動画★【nico①】【②】



U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!