【作品の概要】
 この作品は、1994年に公開されたアメリカの映画で、ある一定の時速を下回ると作動する時限爆弾が取り付けられた高速路線バスを舞台に、そこで繰り広げられるロサンゼルス市警のSWAT隊員とテロリストとの攻防の様子を描いたアクションドラマです。







【あらすじ】
 ロサンゼルスのとある高層ビルで、エレベーターに爆弾が仕掛けられ、10数名の乗客が宙づりのまま閉じ込められるという事件が発生する。同時に警察には要求に応じない場合にはケーブルを爆破し、乗客たち皆殺しにするとの内容の脅迫電話が入る。

 ロス警察の若き行動派SWAT隊員であるジャック(キアヌ・リーヴス)は、パートナーのハリー(ジェフ・ダニエルズ)らと共に爆弾を排除し乗客全員を救出する。さらにジャックはビルに潜んでいた犯人のハワード(デニス・ホッパー)を追い詰めるが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。

 数日後、逃げおおせたハワードは路線バスに爆弾を仕掛け身代金を要求しジャックにこれに対処するよう仕向ける。バスに仕掛けられた爆弾は速度測定計に対応しており、バスの時速が80キロメートルを超えると安全装置が解除され、次に速度がこれを下回ると爆発するようにできていた。

 ジャックは15名の乗客を乗せて高速を走るバスに追いつき、飛び乗るものの、乗客の一人である不法滞在者が、ジャックが自分を追ってきたと思い込み発砲、銃弾は運転手を負傷させてしまう。ジャックは重傷を負った運転手の代わりにアニー(サンドラ・ブロック)という若い女性にハンドルを握るように指示し、ロス市警の監視の下、バスはハイウェイを走り続けることに…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★スピード・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】
★吹替え動画★【mixdrop】