【作品の概要】
 この作品は、2014年に公開されたアメリカ合衆国の映画で、1959年のアニメーション映画「眠れる森の美女」のリメイクであり、敵役の魔女マレフィセントの視点から物語を描いたファンタジードラマです。







【あらすじ】
 ヘンリー王(ケネス・クラナム)によって統治されたある王国と、これに隣接する平和な妖精の国では、長く対立が続き、この二つの王国を統一できるのは英雄かもしくは邪悪なもののどちらかであると言われ続けていた。

 この妖精の国住む心優しき妖精の少女マレフィセント(エラ・パーネル)は、ある日、妖精の国に迷い込んだ人間の少年であるステファン(トビー・レグボ)と出会う。
  
 その後も交流を続けた二人は、やがて互いに魅かれるようになり、16歳の誕生日、彼女はステファンに「真実の愛のキス」を捧げる。

 しかし、その後二つの国は対立を深め、妖精の国へと攻め込み、これに失敗したヘンリー王(ケネス・クラナム)は、次期王の地位と王女と結婚をする権利を与えると宣言し、妖精の国から王国を守るため、マレフィセントを倒せる者を募る。

 それからしばらく時を経た王国では、ステファンは王女と結婚し、王となっていた。ところが、ステファンと妃との間に娘が生まれ、王国で祝いの儀式が行われると、マレフィセントは、ステファンの下を訪れ、生まれたばかりの王女に対し、恐ろしい呪いをかけるしまう。

 その後、王女のオーロラ(ヴィヴィアン・ジョリー=ピット)は、ひょんなことから、マレフィセントと交流を持つことになるが、彼女が16歳を迎え、その呪いが効力を発揮しようとするとき、オーロラはマレフィセントから彼女に呪いをかけた悲しき理由を聞かされることになる…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★マレフィセント・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【clipwatch】
★吹替え動画★【clipwatch】
★吹替え動画★【clipwatch】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。