【作品の概要】
 この作品は、2014年に公開されたアメリカの映画で、超巨大竜巻に襲われ、人々がパニックに陥り、混乱する様子を描いたパニック・アクションです。







【あらすじ】
 アメリカ中西部にあるシルバートンという田舎町の高校で教頭として勤務するゲイリー・フラー(リチャード・アーミティッジ)は、卒業式の予定日に竜巻注意報が出ていることを知る。

 ゲイリーは、急ぎ校長に連絡し卒業式の延期を訴えるが、校長はこれを却下し、予定通り、卒業式が行われることになった。

 この日、竜巻の衝撃的な映像を撮影し、これを売って生活をしていたピート・ムーア(マット・ウォルシュ)をリーダーとするチーム・タイタスのメンバーは、直径3200メートル、風速135メートル(時速486キロ)の歴史上最大の巨大竜巻発生の一報を聞いて、シルバートンへとに急行する。

 ところが、タイタスのメンバーが街に到着すると、竜巻の姿は見えなくなってしまっていた。しかし、街に突如としてヒョウが降り出すと、再び大竜巻が姿を現し、ゲイリーたちがいる高校へと向かい始める。

 ゲイリーたちの高校では、突然の大竜巻の到来に、校長や教頭らの教師や生徒たちはパニックになって逃げ惑うことになる。

 一方、同校の生徒で、ゲイリーの息子でもあったドニー(マックス・ディーコン)は、この日、25年後に開封するタイムカプセルに入れるためのビデオ作成をするために、彼が密かに憧れていたクラスメイトのケイトリン(アリシア・デブナム=ケアリー)と一緒に廃工場にやって来ていた。

 しかし、突如発生した竜巻が工場を襲い、ドニーとケイトリンはガレキの下に埋まってしまう。そして、窮地に陥った2人を竜巻を追ってやって来たチーム・タイタスのメンバーたちが偶然発見し、救出することに成功する。

 そこへ、息子を探しにやって来たゲイリーが合流することになる。そして、成り行き上、ゲイリーは猛威を振るう竜巻を追いかけるタイタスのメンバーと行動を共にすることになる…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★イントゥ・ザ・ストーム・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【vidoza】
★吹替え動画★【clipwatch】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※動画の再生ボタンを押すと広告表示が画面いっぱいに表示される場合、広告表示右端にある小さな「×」をクリックして広告を消去してから、再度再生ボタンをクリックすると、動画の再生が始まります。