【作品の概要】
 この作品は、2011年に公開されたアメリカの映画で、神の国に生まれながらも、その傲慢さが故に神の国を追われ、地球に追放された最強の戦士が、地球で巨悪と戦ううちに真のヒーローへと成長していく姿を描いたアクション・ドラマです。







【あらすじ】
 紀元965年の出来事。オーディン(アンソニー・ホプキンス)に率いられたアスガルドの軍団は、ラウフェイ(コルム・フィオール)が率いる巨人たちによる侵略から地球を守るために、激戦の末に、巨人たちを破り、伝説の武器と言われる"ムジョルニア"を手に入れる。

 時代は、現代へと移り、オーディンの息子であるソー(クリス・ヘムズワース)は、ムジョルニアを手に入れ、アスガルド最強の戦士として名を馳せていた。そんな彼がオーディンからの王位継承の儀式を行っている最中、再び巨人たちがムジョルニアを奪いにやって来る。

 オーディンは巨人たちとの休戦状態を崩したくないと考えていたが、儀式を邪魔されたソーは、仲間を連れて、巨人の国に攻め込んでしまう。その結果、アスガルドと巨人の国のヨトゥンヘイムとの休戦は一時危機的状況に陥ることになる。オーディンは、このようなソーの独断行為に怒り、彼からムジョルニアを取り上げると、ソーを地球に追放してしまう。

 そして、地球に追放され、荒野で目覚めたソーは、天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)たちに発見され、しばらく人間としての生活を経験する。その中で、ソーは、ジェーンとの出会いを通じて、人間の弱さや心の痛みなどを学び、しだいに彼女に魅かれていく。
 
 同じころ、邪神となったソーの弟ロキ(トム・ヒドルストン)はアスガルドの征服を目論んでいた。アスガルドではソーの護衛を務めたホーガン(浅野忠信)やヴォルスタッグ(レイ・スティーヴンソン)、ファンドラル(ジョシュア・ダラス)らがアスガルドの危機を伝えに地球にやって来るが、このころ、すでにロキはソーを倒すべく、彼に向けて破壊神を送っていた…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★マイティ・ソー・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】
★吹替え動画★【vidia】
★吹替え動画★【mixdrop】

※【vidia】の動画で「+ADD ACCESS」と表示される場合、一番下に表示されるカウントダウン終了後、右上に表示される「CLOSE×」をクリックすれば動画の再生が始まります。