【作品の概要】
 この作品は、1995年に公開されたアメリカの映画で、驚異的な伝染力と死亡率を持つ未知のウィルスの脅威と、この脅威に立ち向かう人々の様子を描いたパニック・スリラーです。







【あらすじ】
 アメリカ陸軍の伝染病研究所のチームリーダーで大佐のサム・ダニエルズ(ダスティン・ホフマン)は、ある日、上官のフォード准将(モーガン・フリーマン)の命令によって、アフリカのとある村を訪れる。

 すると、サムは、そこで未知のウィルスに感染し、村人たちが次々に死んでいく姿を目の当たりにする。彼は、このウィルスの感染がアメリカへと広がることを危惧し、彼が訪問した村の状況とアメリカへの感染の危険をフォード准将に対し、警戒警報を発すべき旨を進言した。

 ところが、サムのこの進言が却下されたのみならず、この直後、彼は、「モタバ・ウイルス」と名付けられたこの未知のウィルスの研究から手を引くことを命じられる。

 時を同じくして、アメリカ・カリフォルニア州のシーダー・クリークという町に、アフリカから1匹の猿が密輸されていた。

 この猿は、密輸品であったために正規に販売することができずにいたことから、販売に失敗した業者が森に放してしまう。しかし、この時、密輸されたこの猿は、アフリカで「モタバ・ウイルス」に感染していた。

 こうして、シーダ・クリークの町を起点にして、「モタバ・ウイルス」の全米各地へのアウトブレイク(爆発的感染)が始まることになる…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★アウトブレイク・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico①】【②】【③】【④】【⑤】【⑥】



U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!