【作品の概要】
 この作品は、2010年に公開されたイギリスとオーストラリアとの合作映画です。現在のイギリス女王、エリザベス2世の父であり、幼い頃から言葉がドモってしまうことに悩まされ、人前に出ることを嫌う内気な性格から王になることを望まなかったジョージ6世が、植民地の平民出身であるスピーチ矯正の専門家と出会って友情関係を築き、強く優しい国王へと成長していく様子を描いた人間ドラマです。







【あらすじ】
 ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼少の頃から言葉がドモってしまうことに悩まされ、コンプレックスを感じていた。

 英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という素晴らしい生い立ちにありながら、ジョージは人前に出ることをひどく嫌う内気な性格となり、自分に自信が持てずにいた。

 しかし、厳格な父であるジョージ5世は、そんな息子の様子を黙認できず、様々な式典のスピーチを容赦なく命じる。

 ジョージは、妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)に付き添われ、何人もの言語聴覚の専門家を訪ねるが一向に改善する気配がなかった。
 
 そんなある日、エリザベスは、スピーチ矯正の専門家・ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のところへジョージを連れていった。

 ライオネルは、診察室では私たちは平等であると宣言し、王太子を愛称で呼び、ヘビースモーカーのジョージに禁煙させる。

 そして、ボリュームの大きな音楽が流れるヘッドホンをつけ、シェイクスピアを朗読するという奇妙な実験を行う。この治療は自分には合わないと告げ、ジョージは足早に立ち去ってしまう。

 ところが、クリスマス放送のスピーチがまた失敗に終わったジョージは、ライオネルに渡された朗読の録音レコードを聞いて仰天する。なんと音楽で聞こえなかった自分の声は、一度もドモることなく滑らかに朗読をしていたのであった。

 これをきっかけにして、ジョージは、ライオネルのところに通い始めることになるのだが…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★英国王のスピーチ・動画【fmovies】★
 
★字幕付動画★【fc2】
★吹替え動画★【verystream】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。




U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!