【作品の概要】
 この作品は、1957年に公開されたアメリカの映画で、ある事件について12人の陪審員による審議が行われた様子が描かれたヒューマンドラマです。同年に放映されたアメリカのドラマのリメイク版です。







【あらすじ】
 ニューヨークの法廷である殺人事件の審理が終わった。被告人は17歳の少年で、日頃から不良といわれていて、飛び出しナイフで実父を殺したという容疑だった。

 陪審員12人が評決するために陪審室に引きあげてきていた。とても暑い夏の日で、彼らは疲れきっており、早く評決を済ませ家に帰りたいと思っていた。

 第1回の評決では11対1で圧倒的に有罪の評決が下る状況であったが、判決は、陪審の全員一致が要求されていた。

 無罪を主張するのは陪審員第8番(ヘンリー・フォンダ)たった1人であったのだが…。



tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!




★十二人の怒れる男・動画【fmovies】★

★字幕付動画★【nico①】【②】【③】



U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!