【作品の概要】
 この作品は、1991年に公開されたアメリカの映画で、火災事故で殉職した父親の後を継ぐように消防士になった兄弟が、互いに反目を続けながらも、日夜、火災と戦い続ける姿を描いたアクション・ドラマです。







【あらすじ】
幼い頃、消防士である父親(カート・ラッセル)が、目の前で消火作業中に亡くなるの目撃したブライアン・マキャーフィー(ウィリアム・ボールドウィン)は、それまで目指していた消防士になる夢に疑問を感じ、職を転々としていた。

 ところが、そんなある日、故郷であるシカゴの街に戻ってきたブライアンは、彼の兄であるスティーブン(カート・ラッセル)が所属する第17消防分隊に配属されることになる。

 友人のティム(ジェーソン・ゲドリック)とともに彼が配属された17分隊には、かつて父親の部下であったアドコックス(スコット・グレン)ら果敢で優秀な消防士たちがいた。

 17分隊に着任後、さっそく兄のスティーブとともに火災現場に向かったブライアンは、そこで兄の英雄的な活躍を目にすることになる。時には無謀ともいえるスティーブの果敢な行動は、かつて父が亡くなった際に現場にいることができなかった後悔からきているところがあった。

 スティーブの活躍もあり、無事に消火に成功した17分隊であったが、消化の直後、現場に駆け付けた調査官のリムゲール(ロバート・デ・ニーロ)は、この火災が放火によるものであると断言する。

 火災現場で英雄的な兄の活躍を目にしたブライアンは、その後、兄への対抗心を燃やし、猛特訓を始めることになる。しかし、そんなある日、彼は、現場に取り残された少年を助けようとした際、火災現場で襲い掛かってくる猛烈な炎の前にしり込みをしてしまう。

 その後、彼に代わって燃え盛る炎の中に果敢に飛び込み、少年を助けたスティーブの姿を目の当たりにし、大きな敗北感を覚え、自信を失ったブライアンは、かつての恋人が秘書をしている市議会議員のスウェイザク(J・T・ウォルシュ)の紹介で、調査官であるリムゲール助手を務めることにした。

 すると、助手となったブライアンに対し、リムゲールは、彼が遭遇した火災を含めた一連の放火事件は、炎の特性を熟知した者による犯行だと結論付ける…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★バックドラフト・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】
★吹替え動画★【jetload】
★吹替え動画★【mixdrop】


※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。
※再生ボタンを押して関係のない動画が流れる場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編動画が表示されます。
※動画の再生ボタンを押すと広告表示が画面いっぱいに表示される場合、広告表示右端にある小さな「×」をクリックして広告を消去してから、再度再生ボタンをクリックすると、動画の再生が始まります。