【作品の概要】
 この作品は、1995年に公開されたアメリカの映画で、仲間や若いカップルを惨殺した罪で死刑を宣告されている囚人マシュー(ショーン・ペン)と、彼を救うべく特赦査問会を要請する尼僧ヘレン(スーザン・サランドン)との心の交流を描いたドラマです。







【あらすじ】
 テキサス州の東部に位置するメキシコ湾に面するルイジアナ州の首都ニュー・オーリンズ。

 この街にあるセント・トマスの希望の家で働くシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)は、ある日、死刑囚のマシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)から何通目かの手紙を受け取った。このマシューは、相棒と二人でカップルを惨殺した罪で死刑を宣告され、州立刑務所に収監されていたのだ。

 ヘレンが死刑囚と会うのは初めてだったが、マシューの求めに応じ刑務所を訪れて彼と面会する。面会当初、傲慢で冷酷そうなマシューは印象こそ悪かったが、共犯者が無期懲役であるのに、不利な証拠が重なって彼だけに死刑が確定したという事実に彼女は疑問を持ち始める。

 それからしばらくしたある日、マシューから死刑執行の日が決まったという焦りの電話を受ける。そこで、ヘレンは特赦審問会に請求するため弁護士ヒルトン・バーバー(ロバート・プロスキー)に協力を依頼する。

 ヒルトンの説得により、彼らはマシューの母親(ロバータ・マックスウェル)を審問会で証言させて何とか同情を得ようとしたが、彼らの努力も空しく、この嘆願は却下されることになる…。



tsutaya_header.PNG

U-NEXT・31日間無料視聴はこちら!




★デッドマン・ウォーキング・動画【fmovies】★

★吹替え動画★【nico】