【作品の概要】
  この作品は、2004年に公開されたアメリカの映画で、自らの才能を頼りにボクシングに希望を見出し、必死にトレーニングに励むひとりの女性と、彼女の真摯な姿に心を打たれたひとりの老トレーナーが、厳しいトレーニングの中で、親子のような絆と大きな葛藤を抱える姿を描いた人間ドラマです。この作品は2004年の第77回アカデミー賞で作品賞と監督賞、主演女優賞と助演男優賞の4部門での受賞を果たしています。





【あらすじ】
 家賃を払うことができず、トレーラーの荷台を住まいとして育ったマギー(ヒラリー・スワンク)は、自分のボクシングの才能を頼りにしてロサンゼルスへとやってくる。

 しかし、そんな彼女はすでに31歳となっており、プロのボクサーとして開花するには、もはや限界の年齢となっていた。

 ある日、彼女は、とある小さなボクシングジムを訪れる。彼女の目的は、この事務のオーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)に弟子入りすることにあった。

 しかし、フランキーは、女性ボクサーは取らないと言い、彼女の要請をあっさりと断ってしまう。

 けれども、自らの夢を諦めることが出来ず、彼女自身も残されたボクサー人生の時間を考えるとこれが最後のチャンスであることを悟っていた。

 彼女は、ウェイトレスのアルバイトを掛け持ちしながら、残った時間のすべてをボクシングに費やして、足しげくフランキーのジムへと通った。

 そんな彼女の健気な姿は、やがてフランキーの心を打ち、彼はそれまでの信念を曲げて、彼女のトレーナーとなることを引き受けた。

 フランキーの指導を受けるようになり、メキメキと上達していく彼女は、プロとしてデビューを果たすを連戦連勝を重ねることになる。

 第一ラウンドで相手を倒し続ける彼女を敬遠し、やがて対戦相手がいなくなったマギーは、階級を上げて強敵と対戦する。

 その間、厳しいトレーニングを続ける中で、フランキーとマギーは、ボクサーとトレーナーという関係を越えた深い絆を築いていった。

 やがてマギーは、百万ドルのファイトマネーを掛けたビック・タイトルの挑戦権を得ることになる。

 しかし、彼女の今回の対戦相手は、反則技をもいとわない、汚い手法で相手を倒すことで有名なドイツ人ボクサーのビリー(ルシア・ライカー)であった。

 こうして、やっと手にしたビック・タイトルの開始を知らせるゴングが鳴り響くが、これは二人の運命を大きく変える試合の始まりを知らせる合図でもあった…。


tsutaya_header.PNG
ツタヤTVを30日間無料で見る方法!



★ミリオンダラー・ベイビー・動画【fmovies】★
★ミリオンダラー・ベイビー・動画【gomovies】★
 
★字幕つき動画★【openload①】【②】
★字幕つき動画★【openload①】【②】
★字幕つき動画★【vidoza.net①】【②】
★字幕つき動画★【streamango①】【②】

※リンク先が"We're Sorry!"や"Video embed restricted for this domain"と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択すると、動画再生画面が表示されます。





U-NEXTを31日間無料で見る方法
U-NEXTを31日間無料で見る方法!